パワハラの洗礼

「貴様!何考えているんだよ!そんなことはお前の権限で勝手に決めれることじゃねーんだよ!」

小さな会議室に、突然の怒声が鳴り響いた。
そう、それはとある開発プロジェクトが末期にさしかかったころであった。
皆、連日の深夜残業で疲弊していた。
昼間も、眠い目をこすりながら、必死に作業に取り組んでいた。

その会議は、このままではプロジェクトの納期を守るのが難しいのではないか、という危惧から、上司によって招集されたものだった。
一通り現状報告が終わった後のことだった。
部長がいきなりこう切り出したのだ。

「この機能は、こんな動作のままでは、製品として出すことは無理だね。早く直してよ。」

人ごとのように冷たい調子で彼は言い放った。
しかし、その機能を作成するためには、おそらくあと2週間はかかるだろうと思われた。
そのとき、私はおそるおそる、言葉を選びながらも、こう言った。

「今の状況では、手一杯で、この作業を追加することは、きわめて難しいかと思われます。」

「お前なあ、それでもプロジェクトのリーダーなのか?難しいものをなんとかするのが、リーダーの手腕ってもんだろう?あ?」

私は勇気を振り絞ってこう言った。

「では、… 予算が厳しいのは分かっています。でも、… おそらくは人を新たに入れてくれませんでしょうか、そうしないと…」

その言葉が言い終わるか言い終わらないかのタイミングであった。
上司の怒りが炸裂したのは。

「貴様!何考えているんだよ!そんなことはお前の権限で勝手に決めれることじゃねーんだよ!」

この後、会議は完全に迷走状態に陥った。
私は、連日の徹夜で朦朧とする頭の中で、ただひたすら、先ほどの怒鳴り声が頭の中にこだましているのを感じていた。
そしては、それはそのときには気がつかなかったが、私の心に予想以上の深刻なダメージを与えていることが、徐々に判明していったのであった。
それは、私のその後の会社人生を大きく狂わせる、序章に過ぎなかったことを、その当時は知る術もなかった。

はじめまして。

私は、安達と申します。
サラリーマン歴 19 年の社会人です。
ソフトウェアの開発に携わっているエンジニアです。

このブログは、上記の上司の怒鳴りによって始まった私の転落人生と、そこから這い上がる様子を、記録に残しておこうと思って始めたものです。
この「這い上がり」は、現在進行形であります。
現在もなお、パワハラ上司の下で、苦しみながら仕事を続けています。

だから、このブログは「書くこと」で自分の心を整理するためであると同時に、おそらくは同じような悩みを抱えているであろう多くの読者の方に、その悩みを改善していくための何らかの気付きやヒントを与えられたらと思い、書くことにしました。
せっかく書くのですから、いいこと悪いこと、すべてさらけ出す気持ちで書きたいと思います。
装飾してもしょうがないからです。
等身大の自分を皆さんの前に見せて、受けるべき批判は受ける。
そんな気持ちで書きたいと思います。

一時は自殺することさえ考えた私ですが、今もこうして日本の片隅で生きています。
希望を捨てることなく、生きていきましょう。
もし、悩んでいる人がいれば、一緒に助け合っていきましょう。
インターネットでどんな遠くにいる人も、距離と時間と立場を超えて知り合い、交流しあうことができる時代なのですから。
決して、一人で悩まないでください。
希望を捨てなければ、必ず、人生にはいいことがあり、自分を助けてくれる存在もあるはずです。
私は、そんなあなたの小さな助けとなれることを祈っています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. FXの勝率を上げ続ける『漢』 より:

    1. 初めまして☆
    はじめまして☆ブログ訪問させてもらいました^^参考になりましたので、改めてまた訪問させて頂きます!
    http://ameblo.jp/syosinnsyafx/

  2. ほなみん より:

    2. こんにちは!
    どうもです!私もブログやってるのでよろしければ遊びにきてくださいね!お邪魔しました!よろしければ読者申請お願いします!
    http://ameblo.jp/honami88/

  3. chaos より:

    3. コメントありがとうございますm(__)m
    パワハラって本当にキツいですよね(>.<)
    私の場合は、私の持病を逆手(?)にとって、罵られ続けて、社長以外はみんな「??」って感じだったので、私が辞めたことで利用者さんがショックと責任を感じてしまってるみたいです。。
    本当に今でもフラッシュバックみたいに思い出して、あの社長が憎くて仕方ありません。
    http://ameblo.jp/chaos-666/

  4. パワハラに負けない より:

    4. Re:コメントありがとうございますm(__)m
    >chaosさん
    私もパワハラをして来た上司のことが忘れられなくて、長い間、怒鳴り声のフラッシュバックに悩みました。
    こういう苦しみって、経験してない人には理解できないかもしれないですが、本当につらいし、こういう事は許されない行為だってこと、社会のみんながちゃんと認識してくれたらなと思います。
    http://ameblo.jp/anti-pawahara/

  5. chaos より:

    5. Re:Re:コメントありがとうございますm(__)m
    >パワハラに負けないさん
    そうですよね。
    本人は全然気づいてないんでしょうけど、された側はずっと怖い気持ちを持ち続けちゃう。
    うちの社長は本当に馬鹿だと思います。
    http://ameblo.jp/chaos-666/

  6. chaos より:

    6. Re:Re:コメントありがとうございますm(__)m
    >パワハラに負けないさん
    そうですよね。
    本人は全然気づいてないんでしょうけど、された側はずっと怖い気持ちを持ち続けちゃう。
    うちの社長は本当に馬鹿だと思います。
    http://ameblo.jp/chaos-666/

  7. 中ちゃん より:

    7. 無題
    私もキチガイ上司に奴隷のように扱われている人間です。現在、働き過ぎで約二週間の強制休暇中。復帰後は、馬鹿上司には毅然とした対応をする。所員が萎縮しては、良い成果は得られない。戦う。命懸けで。

  8. パワハラに負けない より:

    8. Re:無題
    >中ちゃんさん
    働き過ぎで休んでいるとのこと、そんなに頑張っているのに、上司は奴隷のような扱いしかできないんですね。
    成果さえ出れば、部下なんか人間扱いしなくてもいいなんて考えでは、上司失格だと思います。
    戦いを応援しています。
    よろしければ、メッセージを頂けると、もっと具体的なお話ができると思います。
    http://ameblo.jp/anti-pawahara/

  9. 名無しのリーク より:

    ○○県○○餃子の○○○○○はバイトにパワハラの末指切断の重傷を負わせた犯罪企業

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です