上司へのメール

会社は時間にはやたらと厳しい。
1分でも遅刻すれば、即座に説教が始まる。
ましてや、無断での遅刻や欠勤は、厳重処罰を免れ得ないという雰囲気があった。

私は、会社に行けない状態であるとしても、無断欠勤にはなりたくなかった。
そんなことをすれば、上司の雷はさらに増幅され、私の人生そのものが
破壊されかねないという恐怖を感じた。

だから、携帯電話を取り出すと、おもむろにこう書いた。

大石課長

お疲れ様です。
安達です。

本日、発熱と体の痛みがひどいため、お休みさせて頂きます。
ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。

どうぞよろしくお願い致します。

上司、そして隣のチームの田口リーダーも宛先に入れて、メールを送信した。
上司だけを宛先に入れた場合、何かの手違いがあって届かなかった場合、
無断欠勤と見なされる危険性を減らすためであった。

送信ボタンを押す前に、私は何度も何度も文面を書き直した。
そして何度も何度も読み返した。

そうやって、わずかな文面を作成して、送るまで、15分近くは費やした。
そして、震える手で、勇気を持って、送信ボタンを押した。
押した後も、送信トレイを開き、本当に送られたかどうか、何度も
何度も確認した。

「ああ、とうとう送ってしまった。
ああ、俺はとうとう、会社に行けなかった。
なんて悪い人間だろう…
なんていうダメ人間だろう…」

自分を責める言葉が、次々と湧き上がり、私を容赦なく攻撃した。
まさしく、崖の上から突き落とされ、奈落の底に転落していくような
恐怖心でいっぱいだった。w

「私はとんでもない方向に足を踏み出してしまった。
ああ、私の人生はもう終わりだ…」

朝の光がさんさんと照らしつける中で、私の心は漆黒の闇の中に
どんどんと沈んでいった。

(続く)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です