新人女性をうつ病に追いやったブラック企業のパワハラ社長

これは、知人の会社で実際に起きた話である。

その会社は、土方で叩き上げた中年男が社長を務める30人規模のIT企業だった。
社長はいつも午後に出勤してくるくせに、社員には午前9時出社厳守を命じており、タイムカードを確認して1分でも遅刻していたら、みんなの前で怒鳴りつけるそんな男だった。

労基法違反は日常茶飯事で、社員は毎週水曜日には朝8時半に来て、オフィスの掃除をしなければいけないのだが、それは勤務時間に含まれなかった。

(念の為に補足すれば、このような掃除は事実上の業務命令であり(=拒否すれば人事評価等でマイナスになるので、自由意思に基づくものとは言えない)、時間外労働として賃金を支給する義務がある。)

さらにひどいことには、1分でも遅刻すると、罰金として5000円が給料から控除されるのだった。
それは、大雪や台風、人身事故で電車が遅延して、遅延証明書を提出しても許されなかった。

だから、遅刻を回避するために、1-2万円払ってでもタクシーで出社してくる社員もいるほどだった。

(念の為に補足すれば、労働契約の中に、罰金を予定する項目を入れるのは労基法違反である。
訴訟を起こせば、罰金分は取り戻せるはずだ。)

社長の怒鳴り声が毎日のようにオフィスに響き渡るこのブラック会社で、とうとう一人の新人が犠牲者となった。
それは、まだ少し学生らしさの残る社会人1年目のA子(23歳)であった。

彼女は、就職難のこの時代に何十社も受けて、ようやくこの会社の内定を手にした。
彼女の母も、内定に安堵し、可愛い一人娘のために毎朝温かい食事を作って、会社に送り出していた。

毎晩、夜遅くまでホームページの制作業務に励む彼女は、真面目でとても模範的な会社員であった。
だが、ミスするたびに怒鳴ったり、立たせたまま何時間も公開説教する社長に対して、心の中に恐怖心がたまっていくことを防ぐことはできなかった。

そして、彼女の人生を暗転させる事件は、突然に起こった。
それは、201X年9月の出来事だった。

東武東上線で突然発生した人身事故。
彼女はいつも、会社に定時の40分前に着くように家を出ているのだが、その日の電車遅延はまったく回復する見込みがなかった。

途中の駅で止まってしまった電車の混雑の中で、彼女の心の中には次第に恐怖が募っていった。

「どうしよう、これでは会社に遅刻する。
どうしよう、遅刻してしまう…」

今にも泣きだしそうになる思いを必死に抑えると、彼女は会社の上司に電話を入れた。
だが、その電話は受け取られず、留守番電話につながった。

彼女は、遅れそうだが間に合うように会社に向かいますとメッセージを残すと、念のため携帯メールでも連絡を入れた。
だが、返信はなかった。

次第に近づく定時の9時00分。
どう走って急いでも、10分ほど遅刻するのが明らかになってきた。

真面目な彼女は、みんなの前で社長に怒鳴られる自分の姿を想像し、心臓の鼓動が異様に高まるのを感じていた。
罰金5000円も受けなければならない。

まるで、自分がとんでもない犯罪者、あるいは社会の落伍者の烙印を押されてしまうのではないか、そんな思いすら胸の中に去来していた。
彼女は、ほとんどパニック状態に陥っていた。

9時5分過ぎに会社の最寄り駅についた彼女は、泣きながら母に電話をした。

「お母さん、どうしよう、遅刻しちゃった、どうしよう…」

母は必死に彼女を慰め、会社に行くように話をした。
彼女は、かろうじて心の落ち着きを取り戻すと、会社のドアを開け、タイムカードを押して自席についた。

誰も声をかけてくれない、暗い社内。
彼女は急いで上司の席に行くと謝った。

「申し訳ありません。
電車が遅れてしまいまして…」

上司は冷たく言った。

「分かってるな?
うちでは、そんな言い訳は通用しないことを。」

彼女は平謝りに謝った。
そして、急いで仕事の準備をすると、すぐに作業に取り掛かった。

午後2時、いつものように遅く出社してきた社長が、社員全員を立たせて遅い「朝会」を開いた。
そこでは、毎日の勤怠状況を上司が皆の前で報告する時間があった。

A子の遅刻が報告されると、社長は口を開いた。

「おい、お前、遅れないように早めに家を出るのが常識だろう?
お前、たるんでいるのか?」

いつもの社長の攻撃的な説教からすると、A子に対するそれは、短く、軽めの方であった。
だが、彼女にとっては、皆の前で叱られることは社会人になって初めてであり、そのショックは大きかった。

彼女はその日は何とか仕事を終えて帰ったが、彼女が受けた恐怖心、心の傷は深層意識に深く深く刻まれた。
残業しても1円も残業が付かないその月の給与明細には、「遅刻控除 5000円」という1行が書かれてあったのを、彼女は忘れることはできなかった。

そして、忘れもしないその事件は、その遅刻から2か月後に起きた。
台風の直撃を受けた都心は、その日、朝から大混乱であった。

電車はのろのろ運転、本数も引かれ大混雑であった。
台風に備えてさらに30分早めに家を出た彼女であったが、またもや遅刻は必至の状況になった。

そして、彼女はこの日、壊れてしまった。
罰金と公開叱責の恐怖に駆られた彼女は、過呼吸で具合が悪くなり、途中駅のホームに座り込んだまま動けなくなった。

そして、母に電話をした。

「お母さん、もうダメ…」

彼女の電話は、悲痛に満ちていた。
彼女は、とうとう出社できなかった… そう、永遠に…

その日から彼女は、家の自分の部屋にこもりっきりになってしまった。
心療内科に通ってつけられた病名は「うつ病」だった。

彼女は、それから数か月をほぼ寝たきりで過ごすことになる。
そして、すさまじい PTSD と怒鳴り声のフラッシュバックに悩み続けた

会社側は、彼女の行動を「無断欠勤」と断じて、懲戒処分を通知してきたという。
しかし、母は強かった。

母は、娘の代わりに単身、会社に乗り込んだ。
そして、社員が全員耳目を寄せる中、社長に言い放った。

「悪いのは、会社の方です。
みんなの前で怒鳴り声を張り上げたり、遅刻で理由も問わずに罰金とか、そんなこと許されるはずありません!

あなたを訴えます!」

その後、両者が弁護士を立てて、母と会社との争いは今でも継続中である。
だが、社内に残っている人から話を聞いた限りでは、社長の言動は今もまったく変わっていないという。

これが、ブラック企業と呼ばれるものの実態である。

※この話は友人から聞いた事実に基づくものですが、実在の人物や企業等が特定されないように、多少、脚色をしてあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. キラキラ より:

    1. こんばんは。
    この女の子、よく頑張りましたね。先日は、裁判についての説明ありがとうございました。これからは、面談のたびにメモします。私は長期にわたり、いじめやパワハラをされ今でもあいつらを恨んでいます。2度と会わない辞めた奴らを思い返したり、社内にまだいる人たちをみると、むかむかします。頭が痛くなります。どうしたら、気持ちを落ち着かすことができますか?

  2. パワハラに負けない より:

    2. Re:こんばんは。
    >キラキラさん
    過去の会社のパワハラへの恨みはなかなか消えないです。
    私も4年経った今でも、当時の上司の言動を思い出すと、苦しみと恨みでいっぱいの気持ちになります。

    パワハラの経験は、次の職場で自分を守る為の知識として役に立つ場合が多いです。
    残念ながら、訴訟とかを起こして復讐しない限り、過去への恨みは断ち切るのが大変です。

    もしくは、新しい職場で仕事に打ち込みながら、過去の会社への復讐をしてもいいと思います。
    復讐するために、今の仕事を頑張るみたいに、私は自分を動機付けしてました。

    一緒に頑張りましょう。
    http://ameblo.jp/anti-pawahara/

  3. りんご より:

    3. 無題
    私は学生なのですがこういった会社、企業が存在すると思うと社会に出るのが怖いです。将来働きやすい職場に就きたいです。コメント失礼しました。

  4. パワハラに負けない より:

    4. Re:無題
    >りんごさん
    コメントありがとうございます。
    すべての会社がブラックではないと思うので、極度に怖がる必要はありません。
    ただ、自己防衛の知識と心構えが必要というだけです。
    最悪の場合、変な会社に入っても、転職すれば大丈夫です。
    どうか良い学生生活をお送りください!
    http://ameblo.jp/anti-pawahara/

  5. さくら より:

    5. 無題
    パワハラに負けないさん、こんばんは。
    もう、読めないくらい可哀想で涙が出ました。
    ヤツラは、真面目に一生懸命働いてる従業員をターゲットにするんですよね(涙)

    私に続いて退職を申し出た社員さんも、嫌がらせを受けました。私は、彼女に言いました。
    これが絶好のチャンスなんだから、貴女が毎日された事を書き出しなさい、わたしが証人になってあげる。
    ピンチをチャンスにかえましょう!
    私達は、何も悪くないんです、悪いのはヤツなんです!!

    ちなみに、ヤツは労基に相談したらしく有給消化を承認しました(笑)
    そして、社員さんへの嫌がらせも止めました(笑)
    盗聴でもしてたかな?(爆笑)
    http://ameblo.jp/osanpo04/

  6. ののりり より:

    6. 胸が痛みました
    管理者様

    この事例。完璧なパワハラですよね。唯一救われたのはご家族が立ち向かってくれたこと。家族までもが彼女を責めていたら、さらに苦しんでいたことでしょう。それは私の事例ではあり得ず、1人苦しんでいました。逆にパワハラの相手にはむかっていったお前が悪いと責められた。はむかって、ボロボロにされて病気になんてなってとどれだけ責められたかわかりません。その苦しみはとてつもないものでした。

    心の病を発症すると、回復のためにはかなりの時間を要しますよね。会社の社長という他人から負われた傷で、心の病になるとは辛すぎますね。怒りも湧いてきます。

  7. パワハラに負けない より:

    7. Re:胸が痛みました
    >ののりりさん
    パワハラの被害でボロボロになっているのに、家族や親友からあなたが悪いと言われて、もっとボロボロになるのは、多くのパワハラ被害者が経験しています。
    私も、それで死ぬほど苦しみました。

    時間はかかるかもしれませんが、でもいつか、必ず私のように克服できる時が来ると信じて頑張りましょう。
    http://ameblo.jp/anti-pawahara/

  8. オレンジ より:

    8. 無題
    完全なブラックなのに、社長の態度は変わらない。
    反省もしないというのは、自分が悪いことをしているというその一般的な感覚を失っているからでしょうね。

    大勢の前で理由も聞かずに怒鳴りつける。
    最低な会社です。

    パワハラの加害者って罪悪感ないですよね。
    例え、パワハラが原因で命を落とす人がいたとしても「それは自殺したほうが悪いんだ」と言って片付けてしまうんでしょう。

    こういう企業にはキチンとした制裁が必要だと思います。

    彼女が1日でも早く正常な心を取り戻すことが出来ることをお祈りいたします。
    http://ameblo.jp/fightworks2013/

  9. 中村のだめ より:

    9. この事例を野放しにしている行政が悪い。
    文面を読んでわかります。
    この会社は完全な犯罪行為をしています。
    パワハラは侮辱罪、うつ病にさせたら傷害罪です。間違いなく実刑です。

    でも行政に言っても、証拠がない限り動きません。それを利用してパワハラが横行している。
    行政に賄賂さえ払えば、音沙汰無しで片付けられる。
    行政はそんなものです。個人の事なんて相手にしない。

    会社は勿論、行政が悪い!社会全体が悪い!
    http://ameblo.jp/senryokugai-tsuukoku/

  10. チップ より:

    10. パワハラ理解されない。
    はじめまして。
    昨年秋から、とある大手外食チェーンでパートを始めました。
    そこの、上司が陰湿ないじめ、パワハラをする人で、
    私は、些細な事で人前で怒鳴られたりしました。
    ある日、言い返したら
    次の日から、研修と言う名の監視。
    逐一、あら探しをして叱責、。
    答えに詰まるような事を責められ
    答えられないと、
    また怒鳴り散らす。
    ただのストレス解消ではなく
    悪意に満ちた冷酷な態度に言葉。
    私が悪いのかと思ってましたが、
    ある日大人しそうな新人さんが来て
    初日から怒鳴るのとは違う
    冷酷な言動を投げ掛けていました。
    しかも、まわりのパートアルバイトも一緒に。
    それを、見た私は
    ここは苛めで成り立っている店だと思い
    即日退職しました。
    その日も、ひどいパワハラを受けていたし、
    もう無理!と勢いで辞めてしまいました。

    でも、いちばんつらかったのは
    理解されないこと。
    旦那にいうと、社会とはそんなもんだよ。
    そもそも、大手なのにそんなの普通あるかな?って。

    あ、私がウソっぱちだと??

    わたしは、パートなので
    簡単に辞めれましたが、男性だとそうも行かず辛いですよね。
    こちらのblog主さんは、何年も耐えて尊敬します。

    一応、店長には
    こういうことがあったと報告はしましたが
    理解してないだろうな。
    パワハラするやつは、上っ面と要領がいいですから。

    本社に、報告も考えていますが、
    辛かった、怒鳴られたというのは
    覚えてるんだけど
    肝心な内容が思いだせません。
    なんでかな?

    はパワハラ、私が悪かったのかな?
    私が悪いから怒鳴られたりしたのかな?と考えると辛いです。

    http://ameblo.jp/yuri0704yuri0704/

  11. チップ より:

    11. パワハラ理解されない。
    はじめまして。
    昨年秋から、とある大手外食チェーンでパートを始めました。
    そこの、上司が陰湿ないじめ、パワハラをする人で、
    私は、些細な事で人前で怒鳴られたりしました。
    ある日、言い返したら
    次の日から、研修と言う名の監視。
    逐一、あら探しをして叱責、。
    答えに詰まるような事を責められ
    答えられないと、
    また怒鳴り散らす。
    ただのストレス解消ではなく
    悪意に満ちた冷酷な態度に言葉。
    私が悪いのかと思ってましたが、
    ある日大人しそうな新人さんが来て
    初日から怒鳴るのとは違う
    冷酷な言動を投げ掛けていました。
    しかも、まわりのパートアルバイトも一緒に。
    それを、見た私は
    ここは苛めで成り立っている店だと思い
    即日退職しました。
    その日も、ひどいパワハラを受けていたし、
    もう無理!と勢いで辞めてしまいました。

    でも、いちばんつらかったのは
    理解されないこと。
    旦那にいうと、社会とはそんなもんだよ。
    そもそも、大手なのにそんなの普通あるかな?って。

    あ、私がウソっぱちだと??

    わたしは、パートなので
    簡単に辞めれましたが、男性だとそうも行かず辛いですよね。
    こちらのblog主さんは、何年も耐えて尊敬します。

    一応、店長には
    こういうことがあったと報告はしましたが
    理解してないだろうな。
    パワハラするやつは、上っ面と要領がいいですから。

    本社に、報告も考えていますが、
    辛かった、怒鳴られたというのは
    覚えてるんだけど
    肝心な内容が思いだせません。
    なんでかな?

    はパワハラ、私が悪かったのかな?
    私が悪いから怒鳴られたりしたのかな?と考えると辛いです。

    http://ameblo.jp/yuri0704yuri0704/

  12. 山江まろん より:

    12. ひどい話ですね。
    まじめな人ほど、うつになりやすいと、聞きます。
    自分がズボラでよかった・・・と、今日ほど思った日はありません。
    私のケースは、あと二週間で泊まりこみ先の寮を出て行けと弁護士名義で、通知があったことです。
    労使関係ですらない、雇用といえない実態もわかりました。
    ノロでも、出て来いと言われました。

  13. ごまお より:

    13. 無題
    定時が朝9時からだったら、それに遅刻する人は叱責されてもしょうがないと思いますが、罰金はありえないですね。

    しかし、電車が遅れたのならば、電車の遅延証明を駅で発行してもらえばいいんじゃないですかね。

    しかし、企業の経営者と労働者を同じに考えるのは無理がありますね。経営者は朝何時に来てもいいと思いますよ。労働者はそれが嫌だったら会社辞めればいい。
    http://ameblo.jp/g0mao/

  14. パワハラに負けない より:

    14. Re:無題
    >ごまおさん
    経営者は自由にしても構わないかもしれませんが、他の従業員を皆の前で怒鳴りつけるのは許せないです。
    遅延証明書も受け付けない人みたいですから、とんでもない勝手な経営者だと思います。
    http://ameblo.jp/anti-pawahara/

  15. やっちん☆彡 より:

    15. 同じです。
    ヨーカドーを退社して10ヶ月になります。紳士のマネージャーからのパワハラで、鬱から双極性障害になりました。今ゴミ箱を蹴飛ばす音に悩まされ、現在、胃腸炎にまでなってます
    http://ameblo.jp/yaapy22/

  16. パワハラに負けない より:

    16. Re:同じです。
    >やっちん☆彡さん
    ひどいパワハラに遭われましたね。
    どうか症状が少しずつでも回復していくことをお祈りしています。
    どのように戦うべきか、弁護士に相談したらいいかもしれません。
    尊厳を取り戻すことが、復帰への道かもしれません。
    http://ameblo.jp/anti-pawahara/

  17. やっちん☆彡 より:

    17. 今も苦しんでます
    いじめられ他店から移動になったマネジャー、小部屋を作りダンボール敷いて、ぐっすりお昼寝、そんな人に信頼できないから、口には出さずとも態度に出ていたのでしょう。些細なミスでも、私には怒鳴る、でもレジでひとりで、お会計して袋に入れて、パンツの裾上げ、商品探し、商品の説明いっぺんには無理です。どういうわけか、私は、よくレジひとりが多かった。そんな中でカードの返し忘れ、してはならないことだと解ります。その時マネジャーは、怒鳴りながら、ゴミ箱蹴飛ばした思っ切り、それを自分で拾い怒鳴りまた思っ切り蹴飛ばすを結局3回、その時は、なんて滑稽な姿と思いましたが今になって効いてきました。
    その蹴飛ばす音から逃れられません
    鬱には彼が来てからなりました。鬱がひとつの原因でなるとは思っておりませんが、最後のトリガーを引いたのは彼です
    今ても、彼に似た年恰好の人見ると固まります
    ヨーカドー辞め10ヶ月
    息子の結婚式にはボロボロで、なんとか母の役目はできた
    そして今、孫が生まれて幸せなのに、頭から離れないこの思い、そしてとうとう胃腸の調子を崩し、内科でも心療内科でも、最後の頼みの胃腸科に行っても、良くならないこの身体、限界です
    助けてください。よろしくお願いいたします
    http://ameblo.jp/yaapy22/

  18. ロビンソン より:

    18. 頭のおかしい上司
    本文に登場する女性を今の自分と重ね、何度も何度も読み返しております。

    うちの会社にもありますよ。
    そういう馬鹿な制度は。

    8:30出社という規則があると言っても、毎日例外なく7:00頃に出社し、少しでも早く仕事が終わるようにと業務に取り掛かっております。
    尚、この間の1時間半は残業は一切出ません。時間外労働勤務時間として認めてもらえないのです。

    また仕事量に対してのあからさまな人数の少なさ。

    そして仕事優先私語は禁止と豪語しておきながら上の人間が仕事で忙しい私達と知っているにもかかわらず、笑顔でわけのわからない仕事には一切関係の無い自慢話をする。その話が続く間はその上の人間に耳を傾けなければならない、気がつけばその話が始まり、30分経過。しかもこれが一回ではなく、その上の人間の気分次第で何十回もあるのです。これでは任された仕事が終わるわけありません。

    仕事でミスをすれば罰金一万円

    入社当初、希望職種で入社したにもかかわらず、退職者の穴埋めとして全く別の部署の仕事もこなさないといけない。

    頭がおかしくなりそうですよ本当に。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です