最悪のレーティング通知

前回(2014年12月)の記事では、突然、Aディレクターの部屋に呼び出されて、職務経歴書をSNSに上げて、機会を探ってはどうかと突然言われたことを書いた。

実はそれから一週間後、私はパソコンに届いた驚駭の通知を目にすることとなった。

あなたの今期のレーティングは 2.0 です。

それは、1年間の成績を記したものだった。
外資系企業に勤めている方なら分かると思うが、5段階評価で、3.0は可、それ以下は不可ということを意味する数字だ。

2.0 とは、簡単に言えば

あなたは自分のポジションに求められている成果の半分、いやほとんど達成していない

という位の最悪のレーティングである。

そして、そのメールが届くや否や、またもやAディレクターから、自席に電話がかかってきた。

今日の午後5時頃、私のオフィスに来てくれるかな?

その日は、金曜日であった。
退職勧奨と呼ばれるものは、金曜日の夕方に行われるものと相場が決まっている。

だが、私はまさか、自分が退職を勧められるようになるとは、その時はまだ露一つ思ってもいなかった。
むしろ、レーティングの改善のために、親切な面談が設定されたのではないかと、まるで社会の闇を知らない無垢な子供のように、期待と不安の入り混じった気持ちすら抱いていた。

今考えると、全くのバカである。

そして、私に課せられる退職勧奨の嵐と、底の見えないPIPの闇が、まさにその面談から始まることになったのであった。

(続く)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です