妻との会話

妻は、こう言った。

「えっ?何かあったの?会社で」

「う、うん。」

私は話すべきか、話さざるべきか、まだ迷っていた。
いったい、会社での出来事をどう説明すればいいのだろう?
自分の心の状態をどう説明すればいいのだろう?

私はおもむろにこう話を切り出した。

「実は、昨日、田口リーダーから言われたんだ。」

「何を?」

「お前、関係者に謝罪して回れって。」

「えっ?なんで?」

「俺が出したメールはとんでもない内容だから、謝れって言うんだ…」

私は、こぼれ落ちそうになる涙を隠すようにして、うつむきながら
昨日、田口リーダーに批判された内容を話した。
そして、最後にこう言った。

「上司にきっと怒鳴られる。
どうしたらいいか分からない…」

妻はきっと、励ましや慰めの言葉をいっぱい言ってくれたような気がする。
だが、どんな励ましも、どんな慰めも、あの上司の怒鳴り声の恐怖を
打ち消してはくれなかった。

私は、こうして、その日は、ついに一歩も玄関の外に出ることができなかった。
スーツを着た状態で、何十分も玄関に座り込んだまま、動けなかった。
私は、非常な恐怖心に襲われていた。

会社員としての行くべき道を、踏み外してしまったのではなかろうか?
私は、ダメ人間になってしまうのだろうか?
いったい、大の大人が会社に行けないなんて、そんな子供じみた
行動が、社会に容認されるだろうか?

とにかく、そんな考えが、頭の中をぐるぐると回転し続けていた。
だが、いくら考えても、そこから抜け出す方法は見つからなかった。
今日の上司の雷を回避する方法は、見出せなかった。

私は、座り続けてお尻が痺れてくるのを感じた。
そして、ようやく重い腰を上げ、リビングへと戻った。

いつもは午前8時に家を出るのに、その日はもう、午前9時になろうとしていた。
明らかに、今から会社に行っても、遅刻であった。

(続く)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です