深夜の誰もいないオフィスで…

(前回はこちら

事件はまさに私が帰ろうとして、誰もいなくなったオフィスの鍵を閉めようとしたときにおきた。

鍵は、私をさんざん罵ってきたあの上司の机の前にあった。
私はその日に限り、その上司の机を見た瞬間、蹴りが飛んでいた。

その上司の机の横を思いっきり蹴飛ばした。
ガン、ガン、ガン。

その音は、しーんとした深夜の室内に響き渡った。
私は、自分でも感情の噴出が抑えられなくなったのを感じた。

「憎い…」

私はその気持ちに完全に支配されてしまった。
私は、上司の椅子も思いっきりぶん殴った。

何回殴ったかは記憶がない。
気が付くと、こぶしに血が滲んでいた。

私は、これ以上、エスカレートしてしまう自分が怖くなった。
だから、必死の思いで、自分の感情を殺し、オフィスの鍵を閉め、セコムの警戒をセットすると、足早に立ち去った。

だが、会社を出る直前、私は深夜の玄関ホールで、大声で叫んだ。

「大石のバカヤロー、テメーなんて、死んでしまえ!!!」

何回叫んだか知らない。
すぐ隣のオフィスはまだ電気がついていた。

だから、残っていた誰かがきっとこの叫び声を聞いたと思う。
だが、私はもう、恥も外聞もなかった。
そんなことはどうでもよかった。

私は足早に会社を後にすると、駅へと向かった。

(続く)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. ポケポケ より:

    1. ポケポケです
    ある日上司が帰ったあと思いきり机をぶん殴りました。
    なんで自分がこんなこと。
    ショックでたまりませんでした。
    あまりの音に同僚がどうしたと飛んで来ました^^;
    http://ameblo.jp/kisekihaokorukamo/

  2. パワハラに負けない より:

    2. Re:ポケポケです
    >ポケポケさん
    同じようなことを経験されたのですね。
    思い出すと本当につらい話ですよね。
    http://ameblo.jp/anti-pawahara/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です