復讐の決意

(前の記事
から続く)

私は上司の不遜な笑い声が頭の中でこだまする状態のまま、駅に向かった。
その日に限っては、普段は考えない変な思いに取り憑かれた。

「ああ、あの電車に飛び込んで死ねたら、どんなに楽だろう…」

もちろんそんなことを考えても、それを実行する勇気などある訳がなかった。

すごく長い間、電車に乗っていたように感じた。
電車から降りた時は午前12時を回っていた。
もう、自宅の近くまでいくバスはなかった。

タクシーに乗るのは勿体無いと思った。
とぼとぼと40分かけて自宅に向かいながら、もの思いに耽った。

どうしてもあの上司の対応には納得がいかなかった。
怒鳴り散らして部下を出社拒否に追い込んでおいて、その間、一回も連絡をよこしてこないくせに、こちらから連絡したら、笑い飛ばす。
なんて奴だ。

私は怒りに打ち震えていた。
攻撃の矛先は、自分自身ではなく、上司に向けられていた。

「あのクソじじいを、決して許さない!」

という思いは、もう抑えられない奔流のようになって私の心を覆い尽くしていた。

(続く)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. トコトコ より:

    1. どうも!!!
    ブログみさせて頂きました^^!!これからも楽しみにしてるので頑張ってください!僕はブログで自身がYouTubeで配信しているネタや商品紹介を載せていってますのでもしよければ一度見てください!読者登録もしていただけると励みになります!
    http://ameblo.jp/tokotokotakayoshi/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です