返信が来ないという恐怖

私が送った病欠の報告メール。
大石課長からは、何の返信もなかった。
何時間待っても、返信はなかった。

メールが着信すれば点滅するはずのランプは、その日いっぱい
決して光ることはなかった。
電話がかかってくるだろうかと思ったが、電話もなかった。
完全に、上司は沈黙を続けていた。

「きっとあの田口のやろう、大石課長に俺の悪口を
いっぱい言っているに違いない…」

そう何となく思ったが、会社で何が起こっているかを
確かめる術はなかった。

だが、普通の風邪の際に送った欠勤報告メールには
すぐに返事が来るはずなのに、その日に限っては何も
メールが来ないことは、明らかに何かが会社で起きている
ことを示唆して余りあるものがあった。

私は、家の中で居場所がなかった。
土日になれば、会社に行かなくてもいいことをあんなに
嬉しく思っていたのに、今日は会社に行けないことが、
とてもとてもつらかった。

まるで重大な犯罪を犯したとんでもない罪人のような気分だった。
家にいても、心は全然休まらなかった。

そうして、数時間が経過し、夕方となった。
私の心は、夕方になってようやく少しずつ楽になっていった。

「明日は、会社に行こう、必ず」

そう思えるようになったからだ。
今日のことは忘れて、明日は会社に行けばそれでいいじゃないか。
そう思うことで、私は前向きになれたような気がした。

(続く)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です