パワハラに泣いている貴方へ

パワハラを受けて、心もすっかりと弱り、希望をなくした女性に書き送ったメールです。

パワハラに空けない夜はありません。

闘い続ける限り、必ず希望の道は見えてくるはずです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

手紙

私もパワハラを受けている時は、ひたすら死にたいほど落ち込む毎日でしたから、そのお気持ちは良く分かります。

転職先があり、経済的にも将来的にも希望を持てる内容であれば、転職してもいいと思います。

でも、そういう職場は本当にそう簡単に見つかるでしょうか?

というか、家族を含め、周りの人に相談すれば、みんな100%転職を勧めます。

仕方ありません。

誰も会社と闘った人など周囲にいないし、転職を勧めるのが一番無難だからです。

闘いを勧める私

闘うことを勧めるのは、私だけでしょう。

私なら、在籍しながら、会社を訴えることと思います。

労働組合を使ったり、労基署を使ったり、訴訟を起こしてです。

なぜなら、闘わない限り、おそらく誰も助けてくれないし、放っておいて何年経とうが、改善されない可能性も高いからです。

そして、辞めてもまた、新しいところで同じようなパワハラを受けて、今度こそ命の危険に陥る可能性もあるからです。

道がそれしかなかったから

というか、私はそこまで追い詰められたのです。

だから、そのように闘う道しか残っていませんでした。

私は貴女ではないので、そのような闘いを強制することはできません。

でも、ご家族のことを考えたら、経済的なことを考えたら、そして自分自身の尊厳を守り、パワハラを行う卑怯な人間に当然の報いを受けさせるために、私はいつか貴女が闘ってくれることを望みます。

もし、気持ちに変化が起きたら、私にいつでもご連絡ください。

私はいつでも貴女の闘いを応援します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. よー より:

    私は職場でのパワハラで現在休職中です。
    うつ病になり、職場に行くこともできず、もう自分で感情も制御できず、
    頑張ろうと思えば思うほど、辛くなり、頭痛・吐き気等に襲われ、
    不眠で夜も眠れず、数か月を過ごしています。
    今月末で休職期限が切れ、自己都合での退職の扱いにされます。
    会社側はパワハラの事実を認めず、何も言ってきません。
    私も、ずっと我慢していましたが、ある日出勤した日に突然頭を叩かれ、
    罵詈雑言で罵られ、耐えられず、荷物をまとめそのまま休職しました。
    会社と戦いたいですが、証拠がありません。
    奨学金の返済などの借金も返せそうにないので、死のうと考えていた時にこのブログを見つけました。
    戦い方を教えてください。。。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です