社長から呼び出された課長

翌朝は出社するのが怖かった。
課長のパワハラを告発するようなメールを書いたのだから,きっと社長からにらまれるだろうと思った。

だから,家にいる時もずっと不安だった。
あんなメール,出さなければよかったとすら思った。

でも,やはりあの課長は許せない。
だからメールを書いたんだ。

そのように,矛盾する思いが自分の心の中でごちゃ混ぜに交錯していた。

翌朝,メールボックスを開いてみたが,社長からの返信は来ていなかった。
だが,その日,朝10時頃,課長の席の電話が鳴った。

課長はその電話を受け取ると,いつものように卑屈な低姿勢の受け答えを始めていた。
きっと,社長からの電話だと思った。

部下には怒鳴り散らすくせに,上に対してはまるで犬のように舌を出して恭順な姿勢を示すのだ。
そういう姿を見るのも,本当に嫌だった。

課長は,1時間ほどして戻ってきた。
一瞬,私の方を睨みつけたように見えた。

明らかに,昨日,私が出したメールの件だ。
そう思った。

彼はまるで怒鳴り声をようやく抑えているかのような声で,私に言った。

「おい,安達。
社長が呼んでるぞ!
早く行ってこい!」

ああ,どんな話があるんだろう。
まさか,社長から詰問されて,怒鳴られはしないだろう。

そう思った。
しかし,心臓が高鳴るのを感じた。

私は,足早に社長室に向かった。

(続く)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 必殺☆副業人@今熱い自己アフィリ紹介屋 より:

    1. どうもこんにちわ♪はじめまして!
    どうも、こんにちは♪必殺☆副業人っていいます!少し気になったので、足跡がてら書いていこうかなと思って、コメントさしてもらいました^-^ それでは失礼しました!ブログ更新頑張って下さい、よければ僕のブログにも遊び来て下さい♪ 
    http://ameblo.jp/ather-right/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です