2回目の団体交渉を経て会社に復帰

前回の記事では、社員証を取り上げられて自宅待機をしていた期間に、会社が団体交渉を受け入れ、会社と私、労働組合の3者で話し合いが持たれたことを詳述した。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

社員証取り上げの理由をごまかす会社側

その際、会社は

「解雇なんかしてないですよ、いつでも出社ウェルカムですよ」

のような詭弁を弄して、

「社員証を預かったのは単なる手続き上の問題でして」

のような発言で、解雇自体を全否定するという何とも滑稽な対応に出てきたことを書かせて頂いた。

しかし、社員証を取り上げたのは PIP(Performance Improvement Plan = 成果改善計画)に不合格となって、

「あなたは社員失格です」

と一方的に判断したからであって、私が会社に残りたいと明確に意思表示したにも関わらず

「あなたもPIPの結果次第では退職すると同意しましたよね?」

と勝手に言いがかりをつけてきたことは明白であった。

労働組合は、とにかく会社は事実上の解雇撤回を申し出て来たと判断し、

「では次回、安達さんの会社復帰の条件について話し合いましょう」

と切り出したため、会社も

「わかりました」

と答えて、第2回の団体交渉が開かれることになったものである。

テレビ局の取材

自宅待機期間中に、私にとっては初めてとなるテレビ出演が行われた。

と言っても、ユニオンを通して連絡があったもので、

「労働問題の取材で、PIPによる一方的な解雇で苦しんでいる方をぜひ取材させて頂きたい」

という某Fテレビの制作会社からの依頼であった。

顔もモザイクを掛け、名前も声も変えて放送するとのことで、ユニオンの顔を立てるためにも取材に応じることにした。

取材は、ユニオンの事務室でいろいろな質問に答える形式で行われ、最後は駅の改札で挨拶をして別れるシーンまでが収録された。

2週間後にそれが実際に全国放送された際は、全く誰だか分からない人物としての登場ではあったが、PIPのことを全国に知らせるきっかけの一つになったかと思うと、嬉しくも思った。

第2回団体交渉でも態度を変えない会社側

第1回の交渉から3週間経った金曜日の午後、またインターネットユニオンの会議室でその第2回目の交渉が行われた。

そこには、会社の法務部長と人事部長が参加し、

「解雇を予告する発言は一切行っていない」

と、嘘の主張を繰り返した。

私は

「最後の面談で『自主退職しないなら解雇します』と言いましたよね?」

と何度も主張したが、彼らは否定するばかりで、完全に事実を隠蔽しようとする彼らの意図が感じられた。

この時、私は

「こちらにはその時の録音テープという証拠があるのですよ」

という言葉が何度も喉から出かかったのだが、それは後日のためという思いで必死に堪えていたのであった。

職場復帰が決まる

そして、結論としては、PIPが始まる前と全く同じ条件で復帰することに合意したのであった。

私は社員証を取り上げられて出社ができない状態であったので、

「これは会社の都合による自宅待機ですよね?」

と何度も言ったが、

「あなたの勝手による出社拒否なので、これは有給消化とさせて頂きます」

と言われた。

さらに、

「もしそれが不満ならどうぞ訴訟を起こしてください」

とまで言ってきたので、その場ではその主張は諦めざるを得なかった。

晴れない会社への不信

会社側は、

「あなたが勝手に解雇されると誤解して、団体交渉を始めたのです」

と完全に嘘の主張をしていた。

なので、私は会社への復帰が決まったとしても、正直言うと暗くて重い気持ちが全く晴れなかった。

むしろ、会社への不信と憎しみのような気持ちが、心の中に渦巻いていたのだった。

私は、この記事を書くために当時の資料を読み返してみたが、その時の苦しさが鮮明に蘇ってきて、涙が出てくるのを抑えることができなかった。

来週からの復帰が決まったものの、いったいどんな仕打ちをされるのか、私の心は先の見えない不安でいっぱいになっていた。

そして、私は復帰後の会社で、信じられない体験をすることになるとは、その時はまだ何も分かっていなかった。

(続く)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です